カップル

パートナーとの問題には士業など利用を

千差万別という言葉があるように人間関係や価値観も人それぞれです。夫婦関係もその一つに数えることが出来るでしょう。100組の夫婦があれば100通りの夫婦の形や複雑な人間関係があります。特に最近メディアでは複雑な夫婦関係やニュースが報道され、社会問題になっているのは紛れもない事実です。価値観のずれ、子供の教育方針の食い違いなどからけんかになり、次第に口も利かなくなって家庭内別居になっている家庭も多いです。一度こうした関係になると同じ屋根の下であっても修復することが難しくなります。こうした場合には夫婦問題に精通して数多く問題解決に導いたカウンセラーや民生委員、行政の相談窓口を活用し、利用してみるとよいでしょう。行政の相談窓口であると定期的に無料の弁護士相談やカウンセリングが行われています。地域の民生委員に事前に相談しておくのも一つです。DVなど暴力がある場合には地域の交番に相談しておくことも大事です。最悪パートナーからDV被害を受けた場合でも、事前に相談しておけばスムーズにシェルターなどの避難所に誘導してくれることになります。恐怖や不安で二の足を踏むかもしれませんが、まず第一歩として誰かに相談しておくことが大切です。

家族問題で士業の存在が注目される理由

夫婦関係の修復で弁護士などの士業やカウンセラー、民生委員と警察が注目されるのは、夫婦関係がこじれてしまうと最悪の場合命の危険性があるためです。身内ということで遠慮がなく、暴言やDV、経済的制裁などがエスカレートしやすいためです。そのため第三者の介入が必ず必要であり、命を守るためにも重要であるといえます。また完全に別居した場合にも弁護士という士業の存在は重要です。パートナーがストーカーになって危害を加える場合もあるので、きちんと間に入ってもらい法的措置をとって身を守る必要があります。また弁護士が介入し、調停を行うことで修復することも稀ながらあります。当人同士が話し合うとどうしても感情的になりますが、調停を行うことで本音を裁判所で話し合い、そのことで互いが冷静になって理解を深めて修復するケースも見られます。円満解決には第三者が介入して、冷静になって話し合ってみることも大事です。理解を深め元の家に同居してからも、心理カウンセラーによるカウンセリングを夫婦で受けることも大事です。夫婦関係に精通するカウンセラーが介入することで、相手を思いやること、尊敬し敬意を払うこと、感謝を忘れないことを改めて知り夫婦関係が徐々によくなることもあります。このような理由で関係の修復においては士業の存在が大事であり、注目されています。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3