HOME>イチオシ情報>弁護士事務所に依頼するときの準備や種類を確認しておきたい

どのような問題が起こっているか

説明を受けるシニア夫婦

福岡県内に住んでいる人が、親の財産等を相続する場合には様々な問題が起こります。やはりお金に関する問題になるため、穏便に済ませられないケースもあるでしょう。大抵問題になるのは、姉妹などを含めた親戚関係です。相続をする場合、配偶者がいる場合には配偶者が相続者になりますが、子供もまたそれぞれ相続者になります。ある程度大きなお金や土地などを持っている場合は、兄弟の間で争事が起きてしまうでしょう。そこで、穏便に済ませるためには弁護士事務所に話を持ち込むのが1番です。弁護士事務所では、現在どのような問題が発生しているか把握するため様々なことをヒアリングされるかもしれませんが、現状に関することを答えられるようにしておくべきです。

権利関係に関する種類

遺言書

相続を福岡県にする場合には、権利関係に関する種類を知っておいた方が良いです。基本的に相続は、承認する場合はそのまま財産を受け継ぐことになるでしょう。普通に考えれば承認をするはずですが、中には借金を抱えているケースもあります。財産よりも借金の方が多い場合は、マイナスの財産を相続することになるため、承認してしまうと不利になるケースがあります。この場合には、限定承認や放棄等をする方法もあるでしょう。放棄をする場合には、期限があるため弁護士に直接話を聞いてみたほうが良いです。

土地の3分割等はどのように処理するか

女性弁護士

相続人が2人ないし3人いる場合、土地を分割しなければなりません。この場合には、どのように処理をしたら良いか弁護士に聞いてみると良いです。一般的には、福岡県の土地を3人で分割する場合、その場合には分割できないケースがほとんどです。家一軒分の土地を3人で分割したとしても、使い道がないからです。そこで、その分割するのではなく誰かに売ってしまい現金化した時3分割すればよいでしょう。もし住宅ローンなどが残っており分割ができないケースもあります。その件に関しては、弁護士に相談することで解決の糸口をつかむことができます。